キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 うつ病を解決したい!

うつ病の発祥原因はストレスですか?どうすればいいですか?

うつ病発祥の原因なんでしょうか。原因とともに、もっとも大事な初診後の注意事項を記述します。

うつ病の発祥原因はストレスですか?どうすればいいですか?

うつ病と診断されることは、ある意味で体調不良の理由がわかったのですからいいことです。

焦らずに医師の言いつけを守ることから始めましょう。

注意事項を書きます。

■うつ病と診断されたら薬を欠かさずに。

他に思い当たる原因がないならストレスで間違いないでしょう。

心療内科で診察を受けてうつ病と診断されたのであれば、すべて医師の指導に従ってください。

処方された薬は絶対に飲み忘れがないようにしましょう。

うつ病は投薬治療がすべてですから、薬の扱いをおろそかにするとすべてが無駄になってしまいます。

そのほか、医師の指導を無視したり過剰労働の現場に無理して戻ってしまったりしては、それだけで回復が遅れます。

できるなら会社に休職願を出して、10日から1ヶ月のあいだは自宅で安静にしておくのがベストです。

■会社にいつ復帰するかは医師に相談。

会社復帰のタイミングは、自分で状態を確かめながら医師に相談しましょう。

うつ病を患った人がやってしまう失敗は、医師の言いつけを守れずに仕事優先で無理を重ねてしまうこと。

薬の飲み忘れや、意識的に服用をやめてしまうことです。

うつ病患者にとっては頼りなく感じますが、定期的に処方してもらう抗うつ剤が治療のすべてです。

発祥から初診までが早い人なら、数ヶ月で改善する可能性もあります。

必ず治る病気なので、辛抱して改善を待ちましょう。

■会社復帰のタイミングは医師に相談。

過剰な労働がつづくようなら、自ら工夫して退社時間を早める習慣をつけましょう。

仮に会社の過剰な労働環境が一時的なものであれば問題はありませんが、それが常態化しているようなら、新たな方策を練るしかありません。

自分のできる範囲で、現状の会社に通いながら生活スタイルを変えることです。

自宅に帰る時間をできるだけ早め、早寝早起きの実践をしましょう。

まずはそこからです。