キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 うつ病患者の特徴とは何ですか? : うつ病を解決したい!

うつ病患者の特徴とは何ですか?

うつ病患者の特徴とは?後ろ向きな思考など、診断基準の項目を同時に示し説明します。

うつ病患者の特徴とは何ですか?

うつ病患者の特徴を一言で言えば、後ろ向き発想で暗いことです。

いくつかの症状に当てはまったらすぐに心療内科を受診しましょう。

■後ろ向きな項目が当てはまったら可能性あり。

うつ病の診断基準は、多くの項目によって規定されていますが、一般的にも良く知られているのは「2週間以上、うつうつとした状態がつづいている」という項目です。

そのほかにも、「物事に興味や関心がもてなくなった」、「意欲がない、ベッドから起き上がれない」、「自分のせいでこうなったと思う」、「食欲がない」、「一人になりたい」、「生きていても仕方ないと思う、死んでしまいたい」、「テレビの音がうるさい、賑やかなのが耐えられない」、「元気な人を見るのがイヤ」などがあります。

■環境変化に弱いこころの状態に注意。

お分かりかも知れませんが、既述の診断基準の一部は、すべて後ろ向きな暗い項目ばかりです。

自分に過剰なストレスが一度にかかったりすると、このような精神状態に陥り、2週間が経過してもそのようなモヤモヤした思いから抜け出せなくなります。

会社や家庭でのストレスのほか、引っ越しや家族・両親との死別、経済的な困窮などからでもうつ病を発症する可能性があります。

年老いた母親を面倒見ようと、自分が暮らす都会に呼び寄せたことで、母親がうつ病になる例も多くあります。

■自分がうつ病にかかっているのではと思ったら、自己診断で躊躇するより心療内科をすぐに訪ねて診察を受けることです。

うつ病かどうかを自己診断している時間があったら、心療内科に行って診察を受けることを優先させてください。

診察を受けたからといって無理矢理うつ病と診断されるわけではありません。

うつ病を早期に改善できるかどうかは、自覚から初診までの時間の早さ・短さにかかっています。