キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 うつ病になりやすい体質はありますか? : うつ病を解決したい!

うつ病になりやすい体質はありますか?

うつ病になりやすい体質は?メランコリー親和、うつ病にならない予防策、思考法について説明します。

うつ病になりやすい体質はありますか?

うつ病になりやすい性格はありますが、うつ病になりやすい体質というのは、あまり耳にしません。

うつ病患者にならないための予防法をお話ししてみます。

■几帳面・完璧主義者は注意が必要。

メランコリー親和という言葉があるのをご存じでしょうか。

うつ病になりやすい人の傾向を示したものです。

たとえば几帳面な人であったり、完璧主義者であったりする人もそのうちに含まれます。

内向的な人がすべてうつ病になりやすいとは限りません。

楽天的で明るくて、どうみてもうつ病とは無関係と思えるような人でも、心療内科にはたくさん通院しています。

深層心理、その人がどのようなこころの傾向にあるかが、もっとも重要とされています。

けれど最近では几帳面・完璧主義者でない人でも発症するようになっています。

▽近年発病者が変わってきた詳細記事はこちら・・・http://president.jp/articles/-/5535

■人生はどうせ思い通りには行かない?

誤解を招くかも知れませんが、自分が内向的でうつ病患者になりやすいと不安になるのなら、物事を真剣に考えず、いい加減にして過ごしてみることです。

「なんてことない、どうにかなるさ」と割り切ってしまえば、意外と心の中のモヤモヤは消えるはずです。

心療内科医の多くが口にすることですが、「人生は思い通りにはいかない」のが常です。

会社でも、「どんなに完璧であろうと努力しても、あるいは目標達成を意識しても、できないものは仕方ない」と割り切ってみましょう。

■自分だけが悪いと、心の中で自分に責任を押しつけないこと。

そういう内向性がうつ病を招いてしまうのです。

仕事はチームワークですから、ある程度の責任は自分にもありますが、たとえチームのリーダーであっても、開き直りは大事です。

そういう意識転換をできる人のほうが、部下や周囲を安全に明るく率いていけます。

自分を萎縮させることがないように、ケセラセラでやってみましょう。